車を買い取ってもらう際に気を付けておきたいいくつかのポイントをまとめてみました。

詐欺業者に騙されないための対策

一般社団法人に加盟しているかどうかを確認

日本自動車流通研究所、通称JADRIと呼ばれる一般社団法人をご存知でしょうか。
ぜひ、これに加盟しているかどうかを確認してみてください。
これに加入するには単に年会費を払うだけというわけにはいかず、最低でも5年は善良的な中古車の売買を行っている事などのいくつかの条件があります。
つまりこれに加入している…というより、加入”できる・させてもらえる”業者という事は、まず詐欺行為は行われず、売り手の立場を考えられたサービス、買取がされる保証があるようなものです。
ですから、業者としては「うち、JADRI(ジャドリ)に加入しているんですよ(エッヘン)」といった感じでしょうか。
その有無を尋ねてはっきり答えてくれない業者は少し怪しいかもしれません。

許可証を確認しましょう

よく、「無料出張買取」をうたっている業者に騙されたというケースがあります。
確かに無料で家まで来てくれて、買い取ってくれるのであれば、楽ですよね。
しかし、後で入金しますと言い残し車を持ち去り、そのまま音信不通になったりその業者が倒産したりという事例は少なくないようです。
ただより安いものはない、とよく言われるように、あまりにもお得すぎる話は少し慎重になった方が良いのかもしれません。
中古車買取り業者であれば、出張買取の際に「古物商許可証」と呼ばれるもの、あるいは「行商従業者証」を携帯することが義務付けられていますので、これらの提示を訪ね、見せる事ができないようであれば断った方が良いかもしれませんね。


シェア
TOPへ戻る