車を買い取ってもらう際に気を付けておきたいいくつかのポイントをまとめてみました。

損をしないために

交渉は必ず行う

交渉はとても重要です。
業者はできるだけ安くで車を買い取りたいですから、最初に提示してくる金額は低めの事が多いです。
例えば50万円で売る事ができそうな車を書いとる場合、50万円で買い取る業者はまずいませんよね。
そこでどれだけ安く買い取る事ができるかによって、その業者の利益が左右されるわけです。
例えばその車を10万円で買い取った場合には40万円の利益を得る事ができるわけですから、15万円より10万円で買い取りたいのが業者の内心です。
しかし、売りとしては言い値で売ると損になります。
実際にはもっと高値をつけても業者に不利益にならない事が多いですので、交渉一切不可な業者は怪しいかもしれません。
例えば今すぐこの金額で売らないのならこの話は無しということで、といった半分脅しの様なプレッシャーを与えてくる業者はやめたほうが良いです。

事前にしておくこと

最終的に最初話していた買取額より低い金額に、いつの間にか難癖付けられて変わっている時はすぐにやめましょう。
これは二重査定や再査定と呼ばれ、先に述べたJADRIでは禁止されている行為です。
キャンセル料請求をしてくる業者も中にはあるようですので、渡された書類は細かいところまで必ず目を通すようにしましょう。
また、車内清掃をできるだけキレイにしておくと、査定額に変化があるようですので、これまでの感謝の気持ちも込めて最後に愛車をキレイにしてあげて下さい。
査定額の相場は、インターネットでも知る事ができます。
事前に調べておくことでその金額が高いのか安いかの判断基準にもなるでしょうし、実際そのままネット上で販売することもできるサイトが多数ありますので、利用されてみても良いのではないでしょうか。


シェア
TOPへ戻る